こんにちは、行政書士の黒田です。

令和元年9月8日、第11回医療法人化診断セミナーを開催しました。

ご参加いただいた皆様、ご協力いただきた皆様、ありがとうございました。

 

今回は関東に強烈な台風が近づいていました。

確か昨年、一昨年も台風でどうしよう、と話していたような気がします。

セミナーと台風の相性がいいのでしょうか…

直前まで開催をどうしようか加納税理士と相談していました。

予報では関東への影響は夜遅く。

セミナーには影響を及ぼす可能性が少ないと判断し、開催を決行しました。

 

そうはいっても遠方からのご参加者もいたので、前日にご無理しないようメールをお送りしました。

ご参加は3院、見学1名を予定していましたが、うち2院からキャンセルのご連絡をいただきました。

そういうわけで、セミナーはご参加者1名、ご見学1名の計2名でした。

 

セミナー開催中は台風が近づいていると思わないほどの晴天。

でも、いつ天気が悪くなるかと冷や冷やしていました。

終了時刻にはまだ雨は降っておらずホッとしました。

 

台風の心配と当初よりご参加者が半数になったことで、緊張する悪い癖がでてしまいました。

「お二人は台風の予報の中、本当にご参加いただいてよかったのかな?」と。

そんな心配をよそに、積極的にご質問いただきとても嬉しかったです。

今回セミナーでいただいたご質問は社員や医療法人設立の要件です。

加納税理士へは含み益がどうなるかなど、なかなか鋭いご質問をいただきました。

また、ご参加の院長先生からお礼メールとレジュメの完全版のご請求がありました。

医療法人化についてとても熱心にお考えなのだな、と。

院長先生、ご見学いただいたTさん、ありがとうございました。

台風接近中にもかかわらずご参加いただき心より感謝しております。

 

次回の医療法人化診断セミナーは来年を予定しております。

2020年最初のセミナーになります。

まだ日程は仮ではありますが、1月26日を予定しております。

詳しくは『医療法人化診断セミナー』をご覧ください。